引用 16 9月 578 リアクション
例えば、20年、30年前にはなかったことですけど、街のあんちゃん、おっさんたちがウィキペディアで仕込んだばかりの一知半解の知識で、「こんなことも知らないのか」と学者に向かって喧嘩を売ってくるようになった。この人たちって、単一の論件については偏執的に詳しかったりするのです。数値や日付や書名や人名をぺらぺら諳んじてみせる。そして「自分のような素人でも知っていることを知らない学者にはこの論件について語る資格はない」と一刀両断する。ほとんどこのワンパターンです。彼らにとっては情報というのは「量」ではかるものであって、「質」についての判定がありうるということを知らない。彼らは学者というのをただ「知識を大量に持っている人」だと見なしているので、自分が知っていることを知らない人間はいきなり「自分と同程度かそれ以下」に格付けされる。だから、彼らは必ずまず「私はずぶの素人ですが」とか「ものを知らない人間ですけど」という名乗りをしてきます。別に謙遜しているわけではなく「バカでも知っていることを知らない」というレッテルを他人に貼り付けたいだけです。
これ、やれば簡単なのです。統計数値や年号の一つでも覚えておいて、専門家に「あなた言えますか?」と訊いて、答えられなければ「論ずる資格なし」と切り捨てることができる。この専門家を切り捨てることの全能感はたいへんに強烈なので、一度味をしめた人間は必ずこれにアディクトしてしまう。そして回復不能の情報弱者へと自己形成してしまう。
専門家も知らないような知識にすぐにアクセスできるというのはネットがもたらしたすばらしい恩恵ですけれど、それは同時にある種の全能感を人々に安売りしてしまった。体系的な勉強なんかしなくても、キーボードをちゃかちゃか叩けば、この世のことはすぐに知れると思い込んでいる。
動画 16 9月 317 リアクション
via ikarunpe.
画像 16 9月 70 リアクション neeeeeew:

藤津亮太 | ask.fm/fujitsuryota
引用 16 9月 210 リアクション
海外ドラマのすばらしさを言うために、日本のドラマはアイドルばっかりだ、と言ってしまうとか
トップギアのおもしろさを伝えたくて、NHKのドキュメンタリーを馬鹿にしてしまうとか
自分の買ったスマホが嬉しくて、他のスマホの不備や欠点だけあげつらってしまうとか
バトルシップを熱く語りすぎて、うっかりジョン・カーターに触れてしまうとか
引用 16 9月 530 リアクション

「田んぼの様子を見に行く」は単にぶらぶらしているのではなく、生活をかけて

・水路に流れてきた木や草が詰まっていないかの確認
・用水路の水門の開閉

などを行っているのです。
田んぼが水没してしまうと、その年の収穫がなくなってしまうので、切実な話なのです。

引用 16 9月 963 リアクション

数年来フリーズ脳対策として個人的に心がけていることとして、

1 企画の発想はパソコンを使わず紙の上に書いていく
2 仕事中に社内を歩き回るか外を散歩して考えをまとめる
3 情報収集ではネットサーフィンは最小限にして本を読む
4 誰かをランチに誘ってややこしい問題を人に簡単に説明する
5 真面目な会議でもなるべく人を笑わせるよう努力する

がある。この本を読む限りではだいたい方向性は間違ってなかったようだ。

引用 16 9月 2,044 リアクション
昔大学のサークルで「どんな会話にも使える返し」を研究したことがあって、最終的に同率一位を獲得したのが「人生みたいだね」と「それをぶち破るのがロックだ」だった。
画像 16 9月 36,276 リアクション

(出典: pqp-tiago)

via tumblr.
画像 16 9月 101 リアクション rpm99:


タケダ1967 on Twitter: “F先生って謙遜はしても弱音を吐かない人だと思うんですよ。曲げずにずっと描いてきたプライドや芯があるから。これ大昔のファンクラブ会報に載ったコラムなんすけどF先生にしては非常に珍しく辛かった時代を吐露してて当時僕もすごく驚いたんですよ。 http://t.co/gRQ97UVBEp”
画像 16 9月 759 リアクション sqiz:

【鉄腕DASH】リーダーが『24時間マラソン』の後に速攻で連行されるwwww(画像あり) : GOSSIP速報

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Tumblrによって提供されています.